2007年02月23日

スコットランドにおけるACミラン戦の評価

 先日行われたCLセルティックvsACミランの試合は
 0-0のスコアレスドローという結果に終わりました。


 その試合内容の分析は他の専門家の方に任せることにして、
 ここでは、
 セルティックの地元スコットランドでのACミラン戦の評価について
 ふれてみたいと思います(`・ω・´)


 まず、
 セルティックに対してかなり厳しい評価を下していたのが、
 スコットランドのインテリ層向けメディアである『Scotsman』。


Subdued Celtic know it's now advantage to slick Milan
(『Scotsman.com』 2007年2月21日の記事)

 >大変に面白く、時に心臓の鼓動が速くなるような戦いが行われた昨日の夜、 
 >準々決勝へ進出するであろうチームという印象を与えたのは、Carlo Ancelotti率いる 
 >総合的に恐るべきチーム(=ACミラン)であった―――この事実は、彼らがこれからさらに 
 >先のステージまで進むためのクオリティーと精神力を有しているという強力な証拠により 
 >裏づけされているのである。 
 (上記記事より一部引用) 


 上記記事の多くの部分が、
 ミランのアンチェロッティ監督と選手たちのうまさ、素晴らしさを褒め称えることに
 費やされており、
 まだ2ndLegを残しているにもかかわらず、
 まるでセルティックのCL敗退が決まったかのような論調です。


 それに対して、
 よりポジティブなマスコミとサポーターの気持ちは
 次の記事の題名に端的に表現されているように感じます。


Second best good enough for Celtic
(『This is London』 2007年2月20日の記事)

 >しかしながら両チームは、試合が始まる前に歓迎していたであろうスコアレスドローで 
 >よしとしなければならなかった。セルティックはぜひともリードを奪ってSan Siro(ACミランの 
 >ホーム)に乗り込みたかったところだが、アウェーゴールを許さなかったことは間違いなく 
 >「セカンドベスト(次善の結果)」だった。 
 (上記記事より一部引用) 


 つまり、CLではアウェーゴール方式が採用されており、
 セルティックが勝った場合はもちろん、
 0-0以外の引き分けでも勝ち抜けることができるのだから、
 まだまだ勝ちぬけのチャンスは残されている、というわけです。
 試合後のストラカン監督のインタビューを読んでみると、
 彼もこれと同じような考えをもっているふしが見受けられます。

  ※参照
    ☆STRACHAN UPBEAT DESPITE DRAW(『Sporting Life』2007年2月20日の記事)


 私個人としては当然ながら後者の意見に一票を投じたいところ。
 しかしながら気になるのは、
 セルティックのCLにおけるアウェーでの成績。


 ↓は2ch海外サッカー板に張られていたコピペなのですが、

 10 Name:   Date: 2007/02/21(水) 06:50:53 ID: lVo4YxZv0 
   01-02  
   セルティック2●3ユベントス 
   セルティック0●3ポルト 
   セルティック0●2ローゼンボリ 
   03-04 
   セルティック1●2バイエルン 
   セルティック0●1アンデルレヒト 
   セルティック2●3リヨン 
   04-05  
   セルティック1●3ミラン 
   セルティック0●3シャフタール 
   セルティック1△1バルセロナ 
   06-07  
   セルティック2●3マンチェスターU 
   セルティック0●3ベンフィカ 
   セルティック1●3コペンハーゲン 

 こうしてあらためて見てみると、
 セルティックのアウェーでの弱さがひと際目立ちます(;´д`)
 というか、
 1試合あたりの失点数がとんでもないことに………


 とにもかくにも、
 ACミランとの2ndLegの試合は3月7日に行われます。
 セルティック&中村俊輔選手は
 この“ジンクス”を打ち破って次のステージへと進めるのか、
 またもや目が離せない試合になりそうです。



posted by しるびーにょ at 00:26| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | セルティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。