2007年02月10日

スコットランドといえば?

 みなさんは
 「スコットランド」といえば何を連想しますか?


 私の場合「セルティック」はもちろんのこと、
 それに加えて「ネオ・アコースティック(ネオアコ)」が頭に浮かびます。


 若い人たち(←オッサンくさい言い方ですねw)には聞き覚えのない言葉かもしれませんが、
 「ネオアコ」とはポスト・パンクの流れから派生したジャンルのひとつで、
 瑞々しいアコースティック・サウンドがその特徴。
 日本では1990年代初めに“ネオアコ大将”フリッパーズ・ギターが火をつけ、
 一世を風靡しました。
 もちろん、当時学生だった私も貪るように聴いていました。


 ちなみに、
 ミスチル(※1992年にデビュー)が出した初期のアルバムも
 このネオアコの影響を少なからず受けている印象があります。
 (あくまで推測にすぎませんが)
 なかでも“虹の彼方へ”(アルバム「Kind of Love」に収録)は、
 まさに「ネオアコ」!


 そんなネオアコの始祖ともいうべきAztec CameraのボーカルRoddy Frameが
 スコットランドのグラスゴー出身であったので、
 私の頭の中に「スコットランド=ネオアコ」の図式が出来上がったというわけです。


 しかし、
 そんなグラスゴーにある名門のサッカーチームへ日本人が移籍し、
 チームの歴史に残るような活躍をするとは、想像だにしませんでした(^_^;)
 もしタイムマシーンがあって、この事実を伝えたら、
 その頃の私はどんな顔をするでしょうねw 


 そんなことを考えていると、
 久しぶりにAztec Cameraの1stアルバム「High Land, Hard Rain」を聴きたくなり、
 手持ちのCDを探してみると、なぜか見つからない!Σ( ̄ロ ̄lll)
 引越しなどでどこかへ失くしてしまったのか………


 しかしながら、
 聴けないと思うとますます聴きたくなるのが人間というものw
 某サイトで「High Land, Hard Rain」を即注文してしまいましたw


 このように、ネットショッピングは
 欲しいと思ったときに買うことができるのがいいですよね。
 「わざわざお店に行ったのに売っていなかった」
 という無駄足を踏むこともないわけですし。
 なので、
 ネットショッピングを日常的に使っている方も多いのでは?


 さて、
 化粧品やソープ、ハンドパフュームなどの購入に
 ネットを利用している女性のみなさまにご紹介したいのが、
 通販サイトの「ラブコスメティック」。


 「ラブコスメティック」は“カラダにやさしい”ことを重視し、
 基本的にハーブなど植物に由来するものを原料とした商品ばかりを
 集めているだけではなく、
 “企画からパッケージのデザインまでをスタッフの手によって行う”などの経営努力により、
 高品質の商品をお手ごろ価格で提供しているんだとか。


 また、商品は何重にも梱包し、
 宅配の伝票に記載する品名も「化粧品」「コンピュータ用品」などの中から
 自由に選ぶことができるので、
 ちょっとセクシャルな商品も家族や他人に知られずに買うことができるのも
 いいですよね(*´∀`*)


 ここまで読んで興味をもたれた方は、
 美容と健康、快適な毎日のための通販サイト「ラブコスメティック」を
 利用されてみてはいかが(`・ω・´)?


posted by しるびーにょ at 01:09| 宮城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。