2007年02月12日

俊輔、海外の雑誌で特集される

416 Name: U-名無しさん Date: 2007/02/03(土) 04:21:03 ID: /5tIvu070
    カナダのサッカーマガジンに中村俊輔が特集されていた。

  NakainCanada.jpgNakainCanada2.jpg

417 Name: U-名無しさん Date: 2007/02/03(土) 04:39:37 ID: YA8lTlg00
    カナダにまで俊輔の名前が届いてるのかすごいな
    所属が横浜としかないが・・・

-----------------------------------------------------------------------------------------

(おまけ)
 上の記事のうち、
 中村選手がチャンピオンズリーグのACミラン戦について
 語っている部分を中心に訳してみたので、
 興味のある方はご覧になってください(`・ω・´)


 (予選リーグ最終戦でFCコペンハーゲンに負けた結果、 
 ACミラン戦の2ndLegをアウェーで戦わなければならなくなったことについて) 
 「俺たちは前向きに考えなければならない。もしかすると最初の試合をCeltic Parkで行うのは 
 俺らにとって良いことのかもしれないしね。」 
 と28歳の彼は説明した。 
 「なぜなら俺たちはホームのグラスゴーでは素晴らしい成績を残したし、セルティックファンの 
 おかげでグラスゴーが俺らにとって特別な場所に、相手チームにとっては威圧感を感じるような 
 場所になっているのは間違いないからね。もし俺たちがホームで勝ったら、第二戦ではミランに 
 プレッシャーがかかるだろうね。」 
  
 (CLにおいてはアウェーでの戦績が思わしくないことについて)  
 「俺たちはアウェーの成績が悪いけれど、何でなのか分からないね。」  
 横浜出身の彼は考えを巡らせた。 
 「俺たちがなぜアウェーで苦しむのか理解するのは難しいね。でも、そういうことは頭の中から 
 捨て去らなければならないし、アウェーでもParkhead(※注:Celtic Parkのある場所)と同じように 
 うまくやれると信じているよ。いつの日かアウェーで勝つのは間違いないしね―――今度のCLの 
 試合でそうなったら最高だけど。」 
  
 (今期の安定した活躍ぶりとダンディーU戦でハットトリックを記録したことについて) 
 「あの試合でハットトリックを決めたのは素晴らしいことだし、俺にとって特別な日だったね。 
 日本では一度ハットトリックをしたことがあったけど、またできてうれしいね。」 
 と背番号25の彼は振り返った。 
 「でも、1試合に2・3点取るのはいつも気持ちがいいことだけど、それよりも本当に大切な試合の 
 0-0の場面で決勝ゴールを決めたいね。それに俺にとって一番大事なのは、1試合だけではなく 
 シーズン全体で何点取れるかなんだ。」 
 (上記記事より一部引用) 




posted by しるびーにょ at 00:41| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | セルティック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。