2006年07月21日

ジダンの頭突きへの処分決定!

※参照 http://www2.asahi.com/wcup2006/news/TKY200607200594.html

 >フランスのMFジダン(34)に罰金約70万円と社会奉仕活動3日間、イタリアのDFマテラッツィ(32)に 
 >罰金約47万円と出場停止2試合――。 
 >国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会は頭突きしたジダンだけでなく、ジダンが「暴言を繰り返して 
 >挑発してきた」と非難したマテラッツィまでも処分した。 
 >              ………(中略)……… 
 >FIFAはマテラッツィのジダンへの発言は侮辱的だったが人種差別的なものではなかったとした。 
 >発言の具体的な内容については明らかにしなかった。 
 (上記記事より一部引用) 

 「ジダンの頭突き」に対するFIFAの処分が決定しました。
 その内容はジダンに罰金約70万円と出場停止3試合の代わりの社会奉仕活動3日間、
 マテラッツィには罰金約47万円と出場停止2試合というもの。
 この処分の内容をみると、
 FIFAは直接手を出した(頭を出した?)ジダンの方がより非難されるべきであると
 判断したと推測されます。
 その一方で、
 FIFAはマテラッツィが口にした言葉の具体的な内容は明らかにしませんでした。
 先日書いたように、
 彼の正確な発言の内容がわからない以上
 今回の処分がはたして妥当なものかどうかは私には判断できません。
 ただ一つ言えるとすれば、
 W杯のような大舞台でこのようなことが二度と起こらないことを祈るのみです。


(追記)
※参照 http://www2.asahi.com/wcup2006/news/TKY200607200638.html

 >FIFAのブラッター会長が示唆していたジダンの大会最優秀選手(MVP)剥奪(はくだつ)は、 
 >20日のFIFAの声明では触れられず、大会MVPが確定した。 
 (上記記事より一部引用) 

 ジダンのW杯MVP(ゴールデンボール賞)は剥奪されないようです。


posted by しるびーにょ at 03:57| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ジダン頭突き事件、両者に処分下る
Excerpt: ジダン頭突き事件、両者に処分下る 2006年7月20日(木) 23時20分 ISM  FIFAは現地時間20日、2006年W杯決勝でフランス代表MFジネディーヌ・ジダンがイタリア代表DFマルコ・マテ..
Weblog: 小さなニュースブログ
Tracked: 2006-07-21 06:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。